0%

Windows 10 軽量化・個人的な最適化メモ

タイトルの通り。すべて自己責任でお願いします。

不要なサービス - 「サービス名」 - 「説明」

  • ActiveX Installer (AxInstSV) - 使ってるWebサイトあるんですかね?
  • FAX - 言わずもがな
  • Geolocation Service - マップ使う人は有効のままで
  • PNRP Machine Name Publication Service - P2P ネットワークにおいて、コンピュータ名を提供します。必要か?
  • Remote Registry - 遠隔地からPC内のレジストリを操作します。やばくね?
  • Smart Card - PCにSuica等のICカードを読み取る装置が付いている場合は有効のままで。
  • Smart Card Device Enumeration Service - 上に同じく
  • Smart Card Removal Policy - 上と同じく
  • Windows Media Player Network Sharing Service - WMPに付属している共有機能を使う人は有効のままで。
  • Xbox Accessory Management Service, Xbox Live Auth Manager, Xbox Live セーブ データ, Xbox Live ネットワーキング サービス - XboxやMicrosoft Store にあるゲームを遊ぶ人は有効のままで。
  • 市販デモ サービス(RetailDemo) - 普通は有効ではないが一応。普段使いでデモモードにするなんで一部の変態なんで…
  • データ使用状況(DusmSvc) - 設定アプリ内でデータ使用量が確認できるようになりますが、デスクトップPCでそんなものは必要ないので…
  • Superfetch - ストレージを最適化してくれますが、経験上かえって遅くなる気がします。
    → アップデートで、サービスの名前が SysMain に変わりました。

不要な機能を無効化する

バックグラウンド アプリの無効化

設定アプリから、プライバシーバックグラウンド アプリを開き、必要のないバックグラウンドアプリを オフ にします。
朕はこんな感じにしたよ

スタートアップ 項目の削減

タスク マネージャーを開き、スタートアップタブを開いてください。
必要のないものを無効化してください。
多すぎでは?

DNS の変更

これは気持ち的なものだが…
まずコントロール パネルを開き、ネットワークとインターネットネットワークと共有センター、自分の使用している接続の名前をクリックします。(下図のように)
ShootingStar ってなに?
プロパティを開き、インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)ダブルクリックする。下図のようにして、OKをクリックします。
Cloudflare DNS サイコー

Windows Update の提供方法の変更

デフォルトでは、他のPCにアップデートのためのデータを提供するような設定になっていますが、朕はこれが気に入らないので、変更します。
まず設定を開き、更新とセキュリティ配信の最適化と進みます。
他の PC からダウンロードを許可するをオフにし、ローカル ネットワーク上の PCを選びます。
お察しの通り完全には無効化できないわけですが、インターネット上の馬の骨に配信するよりかはマシです。

OneDrive 無効化、トラッキングを削除 などなど

ここでのトラッキングとは、Microsoftがユーザーの起動したアプリケーションを収集していることを言います。これを無効化するためのソフトウェア、DisableWinTrackingを使用します。ダウンロードは下記のリンクからできます。
Releases · 10se1ucgo/DisableWinTracking
最新版のzipファイルを落としてください。
このように
解凍して、DisableWinTracking.exeを開くと、下のような画面が現れます。
なんだお前?!
これでも保守的な感じ
上のようにチェックを入れて、Go!をクリックしてからしばらく待ち、後方で待ち構えているコマンド プロンプトに下記のような表示が出たら処置完了です。ウィンドウを閉じてください。
OneDrive を使用する人は、Uninstall OneDriveにチェックを入れないでください!
後方彼氏面をするコマンド プロンプト

参考文献

ボツになった内容を供養 - 非推奨

Spybot - Search & Destoryの制作会社であるSafer-Networkingが無償で提供しているので、これを使います。
下記のリンクからダウンロードできます。
Spybot Anti-Beacon - Spybot Anti-Malware and Antivirus : Spybot Anti-Malware and Antivirus
一瞬シェアウェアかと思わせるページの構造ですが、一番下にダウンロードリンクがあります。
紛らわしいんじゃ
途中まで書いたけど これ制限あるくね?草