0%

【犠牲が多い】 OBS のキャプチャー音から通話の音を消したい!!!!!!

いや、お前らも消したくないか?
教えます。

不備があったらコメント欄やTwitterで教えてください!できる限りで修正します。
このページではオーディオインターフェースを使わないため、ごちゃごちゃしています。
素直に使ったほうが身の為ですが、こっちの方が安上がりです。

必要なもの

  • ステレオミキサーが使えるオーディオの…アレ。出力するやつ。
    朕は Realtek High Definition Audio というものでした。大体みんなそうだよな?

また、この手法ではイヤホンとスピーカーから同時に音が出るようになるため、うるさい場合は常にスピーカーの音量を0にすることをおすすめします。

手順

1. 再生デバイス、録音デバイス の設定をする。

物理的なデバイスを使う場合

必要なものが増えます!

  • オンボードのサウンドデバイス以外に、もう1つUSBなどで繋がるオーディオデバイス (これ結構環境絞られるだろ)
    例えば、マイクに付属しているものでもいいです。
  • PC 本体に繋げるための捨てスピーカー
    もちろん捨て、でなくても普通に使用するのであれば大丈夫です。

コントロール パネルハードウェアとサウンドサウンド デバイスの管理 と進みます。
すると、下図のような画面が現れるかと思います。
サウンド
まず、録音 タブを開き、ステレオ ミキサーのプロパティを開きます。
表示されない場合は、何もないところを右クリックし、無効なデバイスを表示をクリックしてください。
このように
プロパティが開けたら、下図のように指定し、OK をクリックします。
このように
↑では「イヤホンを刺しているデバイス」と表記していますが、厳密に言うとマザーボードのサウンドデバイスではない方です。

次に 再生 タブを開き、下図のようになる様、設定してください。
このようだ

仮想のデバイスを使う場合

この手段は、音声にラグが発生する場合があります。
まず、VB-Cable というソフトウェアを VB-Audio Virtual Apps: https://www.vb-audio.com/Cable/index.htm からダウンロードし、インストールします。
ダウンロードした zip ファイルを解凍し、

  • 32ビット版 (x86) Windows を実行している場合は VBCABLE_Setup.exe
  • 64bit版 (x64) Windows を実行している場合は VBCABLE_Setup_x64.exe

を開き、インストールを進めます。
また、以下のダイヤログが表示された場合は、exe ファイルを右クリックし 管理者として実行 から開きます。
plz run as Administrator w
ここで、一旦整理します。
今回、物理デバイスを使う場合と異なるのは以下の点です。

  • 前者の手順でのマザーボードのサウンドデバイスは、通話 + デスクトップ音声 が流れます。
  • 前者の手順での外付けUSB等のサウンドデバイスは、デスクトップ音声のみが流れます。

作業を再開します。
コントロール パネルハードウェアとサウンドサウンド デバイスの管理 と進みます。
すると、下図のような画面が現れるかと思います。
サウンド
既定のデバイス既定の通信デバイス を上記のように設定してください。
次に、録音タブを開きます。
CABLE Output のプロパティを開き、聴く タブを開いた後、下図のように設定します。
こんな感じだ

2. OBSの設定

最初に言った通り、私達はOBSに通話の音を入れたくありません!!!!!!
ですから、その為の設定が必要です。

OBSを開き、デスクトップ音声のところの歯車をクリックし、プロパティを開きます。
OBSだよ~~ん
それから、マザーボードに付属しているサウンドデバイスを選択します。

  • 物理的なデバイスを使う手順を踏んでいる場合:
  • マザーボードのサウンドデバイスを指定する*
    自分の場合は スピーカー (Realtek High Definition Audio) でした。
  • 仮想のデバイスを使う手順を踏んでいる場合:
  • VB-Cableのサウンドデバイスを指定する*
    ここは全員共通で CABLE Input (VB-Audio Virtual Cable) だと思います。
    かにかに合戦

3. 【一応】 通話アプリの設定をする。

今回ぼくはDiscordというアプリを使って通話をしたいので、その設定を一応しておきます。
まあ、再生デバイスを

  • 物理的なデバイスを使う手順を踏んでいる場合:
    マザーボードのサウンドデバイスではない方に指定する
  • 仮想のデバイスを使う手順を踏んでいる場合:
    マザーボードのサウンドデバイスの方に指定する
    SONY THANKS
    だけですね。
    これでできるようになると思います。補足が必要であれば遠慮なく言ってください。
    正直、半分深夜テンションで書いたので不備ありまくりだと思います。
    それでは。